交通事故の過失割合について

MENU

参考文献:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E9%81%8E%E5%A4%B1%E5%89%B2%E5%90%88

 

 

過失相殺とは、加害者と被害者双方の不公平をなくすために、当事者間で損害賠償を負担しあう制度です。

 

 

無免許での泥酔運転や、50キロ以上の速度オーバーといった常識はずれの危険な運転が原因による事故

 

などのように、加害者側に一方的な過失がある場合を除き、被害者の過失の程度に応じて

 

被害者の過失相当分が損害額から減額されます。

 

つまり、過失相殺されることで被害者が実際に受け取れる損害賠償額は

 

加害者の加害者の過失割合分となるんです。

 

 

過失相殺による減額は治療費、休業損害、慰謝料、などその事故で被害者が被ったそべての

 

損害を対象とするのが普通です。

 

ただし、人身事故ではなく、車同士の車両事故(物損事故)の場合は

 

それぞれの損害額をそれぞれの過失割合に応じて負担しあうことになります。

 

 

また、被害者の損害賠償額が減額されるのは過失相殺だけとは限りません。

 

被害者が死亡した場合の逸失利益からは将来の生活費が控除されます。

 

これは事故により被害者が損害以上の利益を得るのを防ぐためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_05/